アサーションって?

アサーショントレーニングについての詳しいことは、SSTのコーナーで紹介しましたので、ここでは簡単に説明します。

アサーションというのは、自分も相手も大事にして、主張をしっかり行うものの、相手は傷つけない絶妙はコミュニケーションの方法です。

 

コミュニケーションの3つのタイプ

1アグレッシブ(攻撃的)ジャイアンタイプ

2ノンアサーティブ(消極的)のび太君タイプ

3アサーティブ(自分も相手も大切にする主張)シズカちゃんタイプ

 

アサーショントレーニングって?

アサーショントレーニングというのは、アサーティブなコミュニケーションスキルを身につけるためのトレーニングです。

 

まず、3つのタイプで、どのタイプが自分に近いかを考えます。

電車に乗ろうと並んでいたら、後ろの方から割り込んで電車に乗ろうとしている人がいたとします。

 

あなたはどうしますか?

割り込みは許せないので、後ろに行くように怒鳴る。

2割り込みは嫌だけど、言えないので割り込ませてしまう

3「急いでいるのはわかりますが、みんな並んでいるので、一緒に並んでください。」と言う

 

自分だったらどうするかを考えてみます。

許せないので怒ってしまう人は、アグレッシブタイプです。

割り込みを許してしまう人は、ノンアサーティブタイプです。

きちんと主張していますが、相手の気持ちも考えて言う人は、アサーティブタイプです。

 

なかなか、実際の生活では、うまく表現できないことが多いと思います。

ですから、練習をして、実際の生活で使えるようにするわけです。

これが、アサーショントレーニングです。

 

 

SSTでアサーショントレーニングを

 

SSTでは、「言い方に気をつけよう』や「言い方ひとつで変わること」などのテーマで、何回か学習を重ねていきます。

頼み方や断り方、誘い方などの学習の中にも、アサーショントレーニングが含まれます。

様々な学習の中で、何回もトレーニングをすることで、「こういう言い方が良いんだな。」と感じて、少しずつ使えるようになっていきます。

 

SSTの教材を紹介します

SST自分の気持ちを伝えよう」

日常生活のありがちな場面でどう対応するかを考えるワークシートです。

コミュニケーションのタイプを3つに分けて、どの対応が良いのかを考えます。

 

SST自分の気持ちが言える?

自分の気持ちを言葉で伝える練習です。

嫌なことが会った時、どうやって自分の気持ちを相手に伝えるのかを考えます。

 

「気持ちを言葉で伝える」

自分の気持ちを言葉で伝える練習です。(低学年用)

自分の気持ちを言葉で伝える言い方を、吹き出しなどを使って考えます。

 

SSTアサーショントレーニング

アサーティブな対応について考えます。

高学年向きのワークシートです。

 

SST言い方に気を付けよう

様々な場面が書いてある場面カードです。

こんな時どう言えば良いのかを考えます。

 

イイねカード

おまけのプレゼントです。

「イイね👍カード」は色々な学習で使えます。

名刺用紙で印刷しても良いし、A4の紙に印刷しても良いと思います。

教材はどんどん使っていただいて良いです。

活用していただけたら嬉しいです。

 

郡山北小学校ことばの教室 中尾和人先生「教材倉庫」です

http://www1.kcn.ne.jp/~nakao/menu.html