本当のことだけど言わなくても良いことって?

暗黙のルールのところでも書きましたが、「本当のことだけど、言わなくてもいいこと」というのがあります。

 

人は自分で内心思っていても、人からは言われたくないことがあります。

例えば、体重を気にしている人は、自分では「最近太ったみたい」と冗談めかして言いますが、他の人に「あなたこの頃太ったんじゃない?」と言われたら深く傷つくかもしれません。

人には言われたくないことがあります。

 

生きにくさ』を感じている子ども達の中には、相手の感情を推し量ることが苦手な子どもがいます。

相手が嫌だと感じていても、全く気がつかない子どももいます。

 

心の理論という課題を通過していない子どもは、相手の立場になって考えることができないので、人と共感することができません。

 

「相手の気持ちを考えて行動しなさい」と言われても

相手の気持ちを考えてごらん」とよく言いますが、彼らは相手の気持ちを考えることができないのです。

「こんなことを言われたら嫌な気持ちになる」ということがわからなければ、平気で言ってしまいます。

共感することができなければ、何を言ったら傷つくのかもわかりません。

 

本当のことなのに、何故言ってはいけないの?

日常生活の中で、状況を把握して、自分はどのように行動すれば良いのかを、人は瞬時に判断して行動します。

周りの状況が見えていれば、相手への対応もスムーズにできます。

でも、周りの状況が見えていなければ自分中心の判断になり、相手のことなど考えずに行動してしまうのです。

 

『生きにくさ』を感じている子ども達は、周りの状況をうまく把握することができません

他者理解の部分が非常に未熟である場合が多いです。

相手がどんな人か?どんなことが好きで、どんなことを嫌がるか?そんなこと考えたこともないかもしれません。

 

場所が違うと、相手がわからない?

自分と繋がりのある人は(家族など)わかっているかもしれませんが、その他の人には関心がないので、みんな同じように見えるのかもしれません。

ある子どもは、毎日教室で会っている先生と、スーパーマーケットで会った時に、相手が誰かわからなかったという例もあります。

 

他の人に対して関心がないので、相手の気持ちを想像することが難しいのです。

ですから、「太った人だね」とか「あの人髪の毛薄いね」などと悪気もなく言ってしまうのです。

勉強のできる子(IQが高い子も意外と多いです)は、テストの点数の悪い子に対して「こんな簡単なテストでそんな点数をとるなんて頭悪いね」と平気で言って反感を買ってしまうのです。

 

本当のことだから、言っても良い

彼らは本当のことだから言っても良いと思っているのです。

自分は嘘をついているわけではないのに、何で怒られるのかわからないと思っています。

自分が言ったことは間違っていないと信じ、自分は悪くないと思っているので、注意されたり責められたりすると、理不尽な思いを抱くのです。

そういうことが重なって、自尊感情が低下して、二次的な問題行動に進んでしまうケースが多いです。

 

SSTで「本当のことだけど言わなくても良いこと」を

 

SSTでは、「暗黙のルール』を教える時に、「本当のことだけど言わなくても良いこと」を教えます。

色々な場面があります。

1つの場面で「そうなんだ!」と思っても、違う場面になると、また同じ失敗を繰り返してしまうこともあります。

でも、『本当のこと=言って良いこと ではない』ということは、わかってきます。

心に浮かんだことを考えなしに口にしてしまう特性がありますが、少しずつ気をつけようとするかもしれません。

すぐに忘れてしまうかもしれませんが、回数を重ねるうちに身についてくることもあるでしょう。

 

SSTのテーマ 「本当のことだけど言わなくても良いこと』

 

1場面の提示(ロールプレイを見る)

A君が宿題を忘れてきたので、先生に注意されています。

B君が「A君て忘れ物が多いよな。昨日も宿題を忘れていたよね。」と言いました。

 

2考えてみよう

A君はどんな気持ちになると思いますか?と聞いてもよくわからないかもしれません。

ロールプレイを見た感想を聞きます。

「どうだった?どんなことを思った?」

「自分もB君のように言う」

「自分はB君のように思うけど、その場では言わない」

A君が宿題を忘れたのが悪い」

 

A君はどんな気持ちだったと思う?

わからない子どもがいるので、スタッフとロールプレイをしてみます。

子どもにA君になってもらいます。

やってみるとA君の気持ちがわかる子もいます。

「嫌な気持ちだった。」

「そんなこと言うなよと思った。」

 

あなたがB君だったら、どうしますか?

A君の気持ちがわかると、B君の言動に対する考えが変わってきます。

B君は思っていても黙っていたら良いと思う』

B君は家に帰ってから、お母さんに言ったら良いと思う」

その場で言うのは良くないと感じる子どもも出てきます。

 

A君の周りの人はどう思ったと思う?

A君がかわいそう。」

A君に言わなくても良いのに」

B君はひどい」

A君や周りの人の気持ちも考えようとする子どもが出てきます。

 

3やってみよう

2人1組でロールプレイをします。

A君が先生に宿題を忘れて注意されています。

B君になった人はどうしますか?

「黙っている」

「下を向いている」

「知らん顔をしている」 など

その場で言わない方が良いと思う子どもが増えてきます。

 

4練習してみよう

色々な場面の「言わなくても良いこと」を探してみます。

場面

Aさんが、新しい洋服を着て登校して来ました。B君が『その服全然似合ってないね。」と言いました。

A君が鉄棒で逆上がりの練習をしていましたが、なかなかできません。B君が『A君下手だなあ。』と言いました。

A君が図工の作品を一生懸命作っていますが、うまくできません。B君が『A君不器用だなあ、変なのを作ってる』と言いました。

A君の家に行きました。B君が『この家臭いよ』と言いました。

A君のお母さんに会いました。B君が「おばさんまた太った?ダイエットした方が良いよ。」と言いました。

A君が漢字テストで悪い点をとって隠そうとしました。B君が「A君、漢字テストの点数が悪いから隠しているんだろう。」と言いました。

様々な場面を見つけることができました。

見つけた場面で「自分がB君だったらどうすると思うか?」を話し合います。

ロールプレイをしても良いと思います。

 

5ゲームをしよう

「どんなふうに言う?」ゲーム

色々な場面が書いてあるカードを用意します。(場面カード)

山札から1枚引いて、場面カードを右隣の人に見せます。

右隣の人は、場面カードを見て、言い方を考えて言います。

右隣の人が次に山札からカードを引いて自分の右隣の人に見せます。

様々な場面で、言って良いことと悪いことを判断して実践していくことで、「本当のことだけど言わなくても良いこと」がわかってきます。

 

6振り返り

SSTの振り返りをします。

『本当のことだけど言わなくても良いこと』を理解しているのかを確かめます。

 

チャレンジカード:宿題を出します。「言わなくても良いこと」を探してきます。

 

「相手の気持ちを考えて行動しよう」は本当に難しい

『生きにくさ』を感じている子どもたちに、相手の気持ちを考えて行動しようと教えるのは難しいことだと思います。

まず、「相手がいる」ということを認識することから始めます。

次に、「相手にも自分と同じように感情がある」ということを教えます。

さらに、「自分の言動で相手の感情が変わる」ということを少しずつ教えます。

 

ケースバイケースなので、1つの場面がクリアできても、次もできるかというと、必ずしもそうはならない場合が多々あります。

彼らは応用が効きません11場面毎に教えていく必要があります。

 

相手の感情を代弁することが必要

A君はあなたにこう言われてすごく嫌な気持ちです」というようにはっきりと事実を伝えることが大切です。

「あなたがA君だったらどう思いますか?」と聞いてもわからない場合は、ロールプレイをして、A君になってもらうと良いかもしれません。

自分がその立場になって初めて実感できるのです。

 

「あなたが悪い、謝りなさい」は自尊感情がボロボロに

言葉でいくら説得しようとしても難しいかもしれません。

頭から「あなたはA君にひどいことを言ったのよ。謝りなさい」という指導は、彼らを混乱させてしまいます。

何故A君にひどいことを言ったことになるのかを丁寧に説明する必要があるのです。

 

本人は悪いことを言っているという自覚がないのですから、「僕は悪くないのに叱られた」と思うわけです。

何で僕ばかり叱られるのか?

僕が悪い人間だからだ。

僕はダメだ。

と言うように考えが進んでいきます。

自尊感情はどんどん低下して、ボロボロになります。

自尊感情がボロボロになると、弱い自尊感情を守ろうとして、心の中にトゲトゲの鎧を着ます。

自分を守るために、攻撃的になったり、反抗的になったりします。

これが、二次的な問題行動に繋がりトラブルの絶えない日々になっていきます。

また、自傷行為に走ったり、引きこもってしまったりすることも考えられます。

 

二次的な問題行動が起こらないようにする為に

二次的な問題行動が起きないように、小さなことではありますが、トラブルがあった時の対処は、丁寧にしていくことが大切です。

*子どもの話をじっくり聴くこと

相手の気持ちを代弁すること(相手本人に言ってもらっても良いでしょう)

*何故言わない方が良いのかを、本人が納得するように説明すること

*どうしたら良かったのかを本人に考えさせてやってみること

*発達年齢に合わせて、周囲の人の気持ちや、言ってしまうと周りにどう思われるのか自分の評価はどうなるのか?などをわかるように説明すること

 

今回は、SST「本当のことだけど、言わなくても良いこと」について紹介しました。

この他にも「言葉の裏にある意味」についても紹介しようと思っています。

楽しみに待っていてくださいね!

 

おまけの付録のコーナーです。教材をプレゼントします!

 

SST「本当のことだったら言っても良いの?」

SSTの授業で使ったワークシートです。

1場面:スタッフがロールプレイします

2考えてみよう:考えるためのワークシートです

3まとめカード:学習のまとめをするときのワークシートです

 

SST本当のことだけど言わなくても良いこと場面カード

ゲーム「どんなふうに言う?」に使用する場面カードです。

「本当のことだけど、言わなくても良いこと」の色々な場面が書いてあります。

自分だったらどうするのかを考えるカードです。

もし良かったらご活用くださいね。